●「助っ人通信」の役割
センターにボランティア登録している方は140人程いますが、全員に平等に、共有したい情報をお届けする唯一のメディアであり、ボランティアの活性化や活動の潤滑油として大切な役割をしています。

●編集部の作業
「助っ人通信」は年4回発行しておりますが、発行月日は固定で1、4、7、10月の各1日発行です。構成は、@表紙Aセンターからのお知らせBグループの定例活動日カレンダーCボランティアの活動報告D寄稿Eグループの紹介Fボランティ個人の紹介Gトピックスから成り立っています。ページ数は通常12〜16ぐらいになります。
3ヶ月ごとに発行していますので、最近の3ヶ月間と今後の3ヶ月間のニュースが中心で、いかに最新の情報をお届けするかがポイントです。


項目 日程 内容
次号編集会議 発行の50日前 それぞれの構成のテーマと執筆者を決めて、執筆依頼を手分けして行います。
原稿の依頼期間は通常20日です。
原稿の集まり具合をチェック 発行の30日前 全原稿が期限までに揃うことはなく、未着分の催促を行います。
ページ作りの編集作業 発行の25日前 パソコンの得意な人が1〜2名で分担して、写真やイラストも入れて大まかの割付けをします。一部の記事が未着でも見切り発車することもあります。大まかに出来たところで、全員でチェックし、レイアウト、文章修正、誤字脱字などの手入れをします。
ネット時代を反映して、途中で中間結果を部員同士でメールでやり取りして、完成品に近づけることもあります。
記事の妥当性確認 発行の10日前 習志野市環境部と観察センターに見ていただきコメントをいただきます。
最終編集 発行の7日前 最終校正を実施。
印刷 発行の2日前 センターにある高速の印刷機を使用しますが、写真の濃淡などがあり、最良の仕上がり具合を出すにはそれなりに苦労します。
発行 発行は前月の最終土曜日 編集部員以外のボランティアの応援もいただき、封筒入れ、切手貼りなどを経て宅配業者に出します。
一部の希望者にはネットで配信しています。

やれやれやっと出たかと思って一息つくと、又、次の編集会議をいつにするかというスケジュールの相談になります。



●アンケート

1年前にはボランティアの皆さんにアンケートをとり、貴重な意見を多数いただきまして、誌面に反映させています。誌面を改善し、新味を出すため、少しずつではありますが毎号頭をひねっています。



●合本
1995年9月に1号を発行し、2009年1月1日号で53号になりましたが、1−25号、26−50号をそれぞれ合本にして保管し、センタースタッフやボランティアがいつでも見られるようにしています。



過去分(バックナンバー)は→こちら